剣道は防具選びが重要

剣道の防具はさまざまありますが、適当に選んで購入してしまうと後悔することになります。剣道の防具にもサイズがあり、サイズの合わないものを使い続けると、行動が制限されて腕が上達しないばかりか怪我の原因となります。

オーダーメイド防具受注から完成までの流れ

カタログを見る

店舗やインターネットサイトにあるカタログから、ある程度の予算と作る防具の種類を決めます。防具にはクラスがあり、布団の材質や風合いの違いなどから料金が変わるので、カタログから選ぶことになります。

型と色を決める

面のアゴ型を決めるとともに、胴の胸型を自分の好みに合わせて決めます。あわせて、アゴ型や胸型に使用する布や糸の色や柄などをカタログやサンプルを参考にして選びます。

全体のデザインを決める

胸型とアゴ型が決まれば、防具全体のデザインと素材を決めていきます。デザインとは面布団に入れる飾型や千鳥のことであり、素材とは内輪に使用する素材と裏地の革素材をどれにするかということです。

サイズを伝える

防具の布団サイズをはじめとして、体型や顔、手のサイズを考慮したオリジナルの防具を作るため、自分にあったサイズを伝えます。これにより、細かな部分の寸法が決められていきます。

料金支払いと受け取り

料金を、実店舗で現金やクレジットカードで支払うか、銀行振り込みなどで支払います。支払いを確認できてから、完成した防具の受け取りとなります。受け取った後に細かな部分の調整を行います。

ネットでオーダーメイドの防具を注文して剣道を始めよう

運動

オーダーメイド防具の魅力

オーダーメイドの防具は、自分の体型や顔の大きさ、手のサイズというものに合わせてつくられているので、動きやすさが段違いに異なります。また、力も入れやすくなるので、練習が捗ることにもつながります。また、自分だけの防具を持っていれば、それだけで格好いいだけでなく、いいものを使用していれば着こなしや姿勢を意識することとなり、所作が美しくなるという魅力もあります。

セット購入がお得

剣道の防具は複数存在しており、面と小手、胴、垂れの4種からなっています。これらはスポーツ用品店や剣道道具を販売している店舗のほかにも、インターネット通販を利用しても購入することができます。それぞれの防具を単品で購入することもできますが、すべてがセットになったものを購入すると割引価格となっていることが多く、お得に購入することができます。

オーダーメイド防具の費用相場

オーダーメイド防具の費用は、量産品を購入するよりももちろん高くなります。量産品は、サイズにより費用は異なりますが、おおよそセットで5万円前後でそろえることができます。それに対して、オーダーメイドの防具は高く、すべてそろえると10万円を超えるものがほとんどとなります。また、オーダーメイドといってもどこまでこだわるかによって費用は異なり、高いものであれば70万円を超えるものもあります。相場としては、大人のものですべてそろえることを考えれば20万円近くになります。

[PR]剣道の防具をゲット
気軽に注文できるので便利!

職人が作り上げる防具は一味違う!

防具にも作り方というものがあり、ミシン刺しと職人が仕上げる手刺しの防具は出来が異なります。職人が一針一針刺す手刺しの防具は、柔らかく布団にコシを持たせて衝撃を緩和させることもできます。

広告募集中